アグリカルチャー事業

いとしろ奥美濃農園

奥美濃の大自然の恵みをお届けします。

株式会社奥美濃プロデュースは平成11年有限会社として創業して今年で19年目を迎えます。

その年月で培ったものづくりの技術をさらに向上させるため、また原点回帰を図るため、平成25年からものづくりの原点である「農業」にチャレンジすることになりました。
当初は生産、販売においても何の知識もないところからのスタートだったので手探りの部分がほとんどでしたが、リサイクルトナーで培ったものづくりに対する情熱と技術で年々良い作物が育つようになってきました。これからも弊社は人が生きていくために必要不可欠な「食」から原点回帰をおこない、社名である奥美濃から新たな商品をプロデュースできるよう邁進していきます。

農家の柔軟性と、企業のロジカルな計画性の両立を目指しています。リサイクルトナー製造での経験を活かし、ISO98001を礎とした工程管理・作業方法の統一化を行ない、作業の効率化や継続的な改善にチャレンジしています。
栽培している野菜の良品率を上げるために維持管理を厳しく行ない、化学合成農薬、化学肥料の使用を岐阜県の慣行レベルの5割以下に抑えて栽培しております。
農園のある郡上市白鳥町石徹白地方は一年を通して冷涼な気候で、朝晩の寒暖の差が激しく、美味しい野菜作りに適しています。
栽培品目は大玉トマト(麗夏)とミニトマト(アイコ)、また石徹白地域で以前から有名なとうもろこし(あまえんぼう)を栽培出荷しております。
 
昨年はネット販売の楽天ショップで弊社のトマトが、週間販売数で全国1位となり、毎年シーズン前から予約されるお客様がいらっしゃいます。また地元では道の駅やJAめぐみのの販売所、また下呂の市場、などにも出荷させていただいております。